レーザー脱毛

脱毛の中でも信頼性、そして効果共に別格とされているのがレーザー脱毛です。
そもそもレーザー脱毛は医師がいなければ行う事が出来ないものです。
エステ等が光脱毛と称しているのはレーザーを扱う事が出来ないからであって、いわばレーザー脱毛は医師だけの特権と言っても過言ではありません。
レーザー脱毛の特徴として、施術者の力量に依存されない点があります。

かつて脱毛は近年のようにエネルギーを照射するものではなく、一本ずつ取っていくものでした。
そのため、施術者の力量に頼る部分がとても大きかったのです。
上手な人に施術してもらうと仕上がりがとっても綺麗になるものの、下手な施術者に脱毛してもらうと毛が生えてきた時にまるでシマウマみたいになってしまっていたり虎狩りと呼ばれているようなランダムな毛並になってしまいある意味脱毛する前よりも恥ずかしいような状態になってしまうケースもあるのです。

その点レーザー脱毛はレーザーの出力のみですから、そのようなリスクを回避する事が出来るとされているのですが、一方で照射するのはやはり人間ですから、ここでも実は力量の差が出るのです。
ましてやレーザー脱毛の際、脱毛する側は表面の毛を処理した状態ですから、生えていない毛に対してレーザー脱毛を行う事になります。
ですのでここでも経験豊富なスタッフと、そうではないスタッフとでどうしても差が生じてしまうのです。
そのような時、どうすればよいのでしょうか。